Friday 14 Februry 2020 Dr Tanvi Solanki (Yonsei)

14 February 2020 (Friday), 6:30pm-8:30pm
Seminar Room 3, Floor 2, Kojima Hall, University of Tokyo / 東京大学本郷キャンパス小島ホール2階、第3セミナー室

Tanvi Solanki (Yonsei University)
“Listening to Difference: Race, Culture, and Aesthetics in the German Enlightenment.” 

道順については下記をご参照ください。/ Access
http://www.cirje.e.u-tokyo.ac.jp/about/access/campusmapj.pdf

会終了後は、会場にてワインとともに歓談をした後、発表者と有志で懇親会を行います。
奮ってご参加ください。 Free refreshments provided afterwards. All are welcome.

 

カテゴリー: Uncategorized

Friday 17 January 2020 Prof. Patrick Wallis on Guilds

Patrick Wallis教授(LSE)の来日に伴い、東京大学経済史研究会と共催で、1月17日(金)にセミナーを開催いたします。
それ以外にも東京大学にて一連のイベントが開催されます。

2020年1月12日(日):若手・中堅のための英語論文ワークショップ
2020年1月16日(木):「論文を国際ジャーナルに載せるには」

17 January 2020 (Friday), 6:30pm-8:30pm
Seminar Room 3, Floor 2, Kojima Hall, University of Tokyo / 東京大学本郷キャンパス小島ホール2階、第3セミナー室

Patrick Wallis (London School of Economics)
“Guild Society: Social capital and Guilds in early modern England”

道順については下記をご参照ください。/ Access
http://www.cirje.e.u-tokyo.ac.jp/about/access/campusmapj.pdf

会終了後は、会場にてワインとともに歓談をした後、発表者と有志で懇親会を行います。
奮ってご参加ください。 Free refreshments provided afterwards. All are welcome.

発表者からアブストラクトを頂きましたので、ここに共有いたします。

Abstract: 続きを読む

カテゴリー: PoETS

November – Prof. Christine MacLeod

21 Nov. 2019 (Thurs.), 6:30pm-
Seminar Room 3, Floor 2, Kojima Hall, University of Tokyo / 東京大学本郷キャンパス小島ホール2階、第3セミナー室
Christine MacLeod (University of Bristol / University of Tokyo)
The Industrial Revolution, triumph or tragedy?  A critical historiography for the twenty-first century

道順については下記をご参照ください。/ Access
http://www.cirje.e.u-tokyo.ac.jp/about/access/campusmapj.pdf
会終了後は、会場にてワインとともに歓談をした後、発表者と有志で懇親会を行います。
奮ってご参加ください。 Free refreshments provided afterwards. All are welcome.

発表者からアブストラクトを頂きましたので、ここに共有いたします。

ABSTRACT:

続きを読む

カテゴリー: Uncategorized

20 September: Colloquium on Early Modern European History

We will host the following special colloquium with two historians visiting Tokyo. This colloquium is followed by a half-day symposium on the following day on “Origins of Market Analysis from Global Perspectives”

 

Colloquium on Early Modern European History with Professors Jacob Soll (USC) and Giacomo Todeschini (Trieste)

Time: 15:30 – 18:00 Friday 20 September 2019

Venue: Seminar Room 3, Floor 2, Kojima Hall, University of Tokyo (Hongo Campus)

Main Language: English 
 
1) Hannah Lee, University of Tokyo
‘The Contested Idea of “Consent” in the Late Elizabethan Religious Sphere’
 

2) Sho Makino, University of Tokyo / Trinity College Dublin
‘Ethnic and Religious Representations in the 1641 Irish Rebellion’

3) Genji Yasuhira, Musashi University / Japanese Society for the Promotion of Science
‘Transforming the Urban Space: Spatial Practices and Catholic Survival in Post-Reformation Utrecht’

Commentators: Professors Jacob Soll (USC) and Giacomo Todeschini (Trieste)

Co-hosted by Historians’ Workshop

カテゴリー: Uncategorized

Origins of Market Analysis in Global Perspectives (教室変更あり)

西洋資本主義をめぐる思想史・社会史で知られるGiacomo Todeschiniさん(トリエステ、イタリア)と、Jacob Sollさん(Univ. of Southern California)のお二人を囲んで、9/21(土)の午後2時からシンポジウムを開催いたします。プログラムは下記のとおりです。お二人は、中・近世イタリアとフランスを主軸に、市場をめぐるメタファーの歴史(Todeschini)と、17−18世紀ヨーロッパの商業についての最新の研究成果を発表してくださる予定です。ラウンドテーブルには、トデスキーニさんの議論を『嘘と貪欲』で紹介された大黒俊二先生、中近世イタリアの社会史、政治史を中心に活躍される佐藤公美先生(甲南大学)、18世紀啓蒙期の経済思想史をご研究されている川出良枝先生をお招きし、多角的に経済学以前の市場分析の歴史を検討できればと考えております。ふるってご参加下さい。 なお前日20日15時半から、来日中のお二人をゲストコメンテーターとして招いて近世史のコロキウムを行います。こちらもどうぞご参加くださいませ。

Date: 21 September 2019 (Saturday) 14:00~19:00
Venue:  ***Seminar Room 2, Floor1***   Kojima Conference Room, Floor2 Kojima Hall, University of Tokyo (Hongo Campus)
Access: http://www.cirje.e.u-tokyo.ac.jp/about/access/campusmap.pdf
Main Language: English 

日時: 2019年9月21日(土) 14:00~19:00
会場: 東京大学本郷キャンパス、小島ホール、2F、小島コンファレンス・ルーム  ***1F、第2セミナー室***
地図: http://www.cirje.e.u-tokyo.ac.jp/about/access/campusmapj.pdf
使用言語: 英語 (同時通訳はありません)
事前登録: なし どなたでもご参加いただけます。

主催: ポリティカル・エコノミーセミナー[PoETS] ・ 歴史家ワークショップ
コーディネーター: 山本浩司

Programme / プログラム

14:00-14:15 Opening Remarks

14:15-15:30 Professor Giacomo Todeschini (formerly University of Trieste)
“Theological/medieval components of modern economics
(A non-evolutionary perspective )”.
https://www.wiko-berlin.de/en/fellows/fellowfinder/detail/2016-todeschini-giacomo/

15:30-15:45 Coffee break

15:45-17:00 Professor Jacob Soll (University of Southern California)
“Jean-Baptiste Colbert, Trust, and the Invention of Commercial Culture in
Europe in the Seventeenth and Eighteenth Centuries”
https://dornsife.usc.edu/cf/hist/people/faculty_display.cfm?Person_ID=1042779

17:00-17:15 Coffee break

17:15-18:45 Round table discussion with Yoshie Kawade (Tokyo), Shunji Oguro (Osaka City), Hitomi Sato (Konan), and Koji Yamamoto (Tokyo)

 

カテゴリー: Uncategorized

7月のセミナー  (7/24)

24 July 2019 (Wed.), 6:30pm-
Seminar Room 3, Floor 2, Kojima Hall, University of Tokyo / 東京大学本郷キャンパス小島ホール2階、第3セミナー室
Genji Yasuhira (Musashi University)
‘Spatial Practices and Catholic Survival in Post-Reformation Utrecht’

道順については下記をご参照ください。/ Access
http://www.cirje.e.u-tokyo.ac.jp/about/access/campusmapj.pdf
会終了後は、会場にてワインとともに歓談をした後、発表者と有志で懇親会を行います。
奮ってご参加ください。 Free refreshments provided afterwards. All are welcome.

今回は発表者からアブストラクトと、メッセージがありましたので、ここに共有いたします。

ABSTRACT: After the introduction of the Protestant Reformation, the Reformed and Catholics had to share physical and objective space in the civic community of Utrecht, which both parties considered as their confessional bastion in the Dutch Republic. Although physically and materially they were living in the same city, psychologically and religiously they experienced urban spaces in different manners. Although public authorities attempted to exclude Catholics from the public sphere of the city, Catholics tactically and actively delimited the physical ‘public’ and shifted its border on their own initiative, continuously using the urban space as they had in medieval times, and newly appropriating it to adjust themselves to the environment of early modern confessional coexistence. Through their spatial practices, Catholics not only actively created room for survival as ‘Catholics’, but also played an indispensable role in the transformation of Utrecht’s urban space from a mono-religious medieval city to a multi-confessional early modern city.
「報告者の安平です。この度は貴重な機会を頂き、誠にありがとうございます。現在、英語圏の一般性の高い学術雑誌への投稿を目指して論文を執筆しており、今回の報告ではその内容をお話しさせて頂きたいと思っています。当日は、皆さまからの忌憚ないご意見・ご批判を頂戴できれば幸いです。また、当該論文を事前回覧のうえで議論する題材にした英文校閲ワークショップも開いて頂く予定になっておりますので、ご興味のある方はそちらも是非ご参加頂ければと思います。」
カテゴリー: Uncategorized

Author meets critics 19 June 2019

We are proud to present our special ‘Author meets critics’ event! This time it’s going to be in Japanese.
本会運営委員の野原さん、佐藤さんのモノグラフ出版を記念して、合評会を行います。 評者として勝田俊輔さんがご参加くださいます。使用言語は日本語です。 ぜひお越しください!

Time:     19th June 2019, 6:30pm-    2019年6月19日(水)
Venue : Seminar Room 3,  2nd floor, Economic Research Annex, Kojima Hall, University of Tokyo Hongo Campus  東大本郷キャンパス小島ホール2F 第3セミナー室

On Sora Sato’s Edmund Burke as Historian (Palgrave Macmillan, 2018)

critics:      Shunsuke Katsuta (University of Tokyo)
                  Shinji Nohara (University of Tokyo)
response: Sora Sato (Toyo University)

On Shinji Nohara’s Commerce and Strangers in Adam Smith (Springer, 2018)

critics:       Shunsuke Katsuta, Sora Sato
response:  Shinji Nohara

Language: Japanese

カテゴリー: Uncategorized