2016年2月18日 第二回研究会詳細

年の瀬も押し迫ってまいりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。ポリティカル・エコノミー研究会の第二回研究会を下記のごとく開催します。奮ってご参加ください。

日時 2016年2月18日(木)16時半~18時半
会場 東京大学本郷キャンパス 小島ホール1階、第二セミナー室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_08_03_j.html
報告者 山本浩司(ケンブリッジ大学研究員)
テーマ   経済史・近世史・科学史・文学史における「プロジェクト」と資本主義
A History of the Early Modern ‘Project’ as Practice and
Representation
使用言語:英語(質疑応答は日本語・英語どちらも歓迎)←海外出身の研究者も出席出来るよう、試験的に英語を使用言語としてみることになりましたのでご了承ください。(2/6追記)

当日は、発表者の単著原稿, Taming Capitalism before its Triumph: Public Service, Distrust and Projecting in Early Modern England (OUP,
forthcoming)の序論を中心に、特に多様な先行研究の概観と批判的検討をする予定です。当日来られる方でPDFコピーをご希望の方は、野原か山本までメールでお知らせください。(原稿は発表の14-10日前に配布予定となります。)

研究会終了後は、会場にてワインとともに歓談をした後、発表者と有志で夕食へ行く予定です。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク