第2回歴史家ワークショップ Research Showcase in British History

7月は、歴史家ワークショプの第二弾を行ないます。若手研究者に自分の研究テーマについてリレートークをしてもらい、Q&Aをするもので、題してResearch Showcase in British Historyです。
(今年秋には、研究テーマをイギリス史に限定せずにResearch Showcaseを行なう予定ですので、おってお知らせします。)

歴史家ワークショップ “Research Showcase in British History”
日時:2016年7月28日(木) 17:30~20:00 (通常の18時半よりも早い開催です)
場所:東京大学本郷キャンパス 小島ホール 第三セミナー室
アクセス:http://www.cirje.e.u-tokyo.ac.jp/about/access/campusmapj.pdf
スピーカー:

槙野翔 (東京大学) Sho Makino, ‘Constructing and Reconstructing “the Cessation with the Rebels” in the Wars of the Three Kingdoms’

李東宣 (東京大学)Hannah Lee, ‘Natural Law in Royalist thoughts’

金崎邦彦 (早稲田) Kunihiko Kanasaki, ‘Social and Political Influences of Naval Impressment on Modern British Society’

小西正紘 (東京大学)Masahiro Konishi,‘The Collective Memory of Peterloo Massacre in Manchester Reform Bill Movement, 1819-32’

小風尚樹 (東京大学)Naoki Kokaze, ‘Diplomatic Aspects of British Naval Policy towards East Asia in the Nineteenth Century’

渡邊公夫(東京大学)Kimio Watanabe, ‘Images of Western Missionary in a Modern Japanese Imperial Periphery, Okinawa’

佐藤龍結雅(早稲田)Ryuga Sato, ‘Margaret Thatcher’s European policy as Leader of the Opposition(1975-79)’

中込さやか(東京外国語大・慶應義塾大)Dr Sayaka Nakagomi, ‘English middle-class girls’ high schools and “domestic subjects” 1871-1914′

 

フォーマット: 一人当たりの発表 8分+質疑7分 (フォーマットと発表の長さについては若干の変更の可能性があります)
使用言語:英語

 

広告
カテゴリー: Research Showcase パーマリンク