4月22日(土)「RE.F. Workshop」- what fascinates you in your research?

東大西洋史の槙野翔さんが中心となって、以下のワークショップが開催されます。奮ってご参加下さい。

ーーーーーーーーーーー
第1回「RE.F. Workshop」を、4/22(土)15:00~東京大学本郷キャンパス経済学研究科
学術交流棟(小島ホール)第3セミナー室にて、博士号をを取得されてすぐの新進気鋭の若手研究者を招いたワークショップを開催します。

ー企画の趣旨・経緯ー
RE.F. Workshopという名前には「研究者(REsearcher)と話題(REFerence)を共有し、皆
で熟考(REFlection)する
‘場’を生む(Fabricate)する」という意味を込めました。
このワークショップは、研究者だけでなくアカデミアにいない一般の人も参加の対象
とし、「研究者の問題関心」を聞き、話し合い、シェアすることを目指していま
す。

問題関心の話題を通して、研究者や一般の様々な人が分野を横断して人間的につなが
ることの出来るプラットフォームを作りたいと思いたちました。そこで、まず、博
士号を取得後数年以内の若手研究者を集めたディスカッションから、参加者みんなで
「研究」について考えてみます。

今回のワークショップでは、’what fascinates you in your subject?’という問いを
大事にしながら、「何故、研究をしよう
と思ったのか」「何故、(自分のやっているのは)このテーマ・手法なのか」、より大
胆に言えば「何故、そのテーマが面白いのか」を、博士号を取って数年の人たち
に話していただきます。

研究関心の話題にこそ、研究者個人の「実存として問題」と「社会性」との綱引き・
協働関係があります。そういった話題を共有することで、研究者がどのような態度
で仕事を行っているのかを、様々な人で共に考える機会としたいです。

ー登壇者ー
・中世イタリア美術史:市川佳世子さん
https://www2.warwick.ac.uk/fac/arts/arthistory/staff/ki/

・近代イギリス政治史の正木慶介さん
http://researchmap.jp/keisukemasaki/?lang=english

・20世紀国際関係史の舘葉月さん
http://researchmap.jp/hazukitate/

イベントページ:
https://www.facebook.com/events/1848462612071420/

ーーーーーーーーーーー
5月以降のPoETSセミナーの日程についてはこちらをご覧下さい。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク